第8回防衛費増、12候補中8氏が賛成派 参院選北海道 朝日・東大調査

有料会員記事参院選2022

新田哲史
[PR]

 7月10日に投開票される参院選北海道選挙区(改選数3)の候補者12人は、安全保障や経済、多様性などの課題にどういう立場をとるのか。公示前に朝日新聞社と東京大学・谷口将紀研究室が共同で実施したアンケートへの回答を紹介する。

 ロシアのウクライナ侵攻などを受け、岸田文雄首相は防衛費の「相当な増額」を打ち出している。日本の防衛力は強化すべきかを尋ねたところ、「どちらかと言えば」を含めて「賛成」と答えたのは諸派の大村小太郎、自民党の船橋利実、NHK党の浜田智、NHK党の斉藤忠行、諸派の沢田英一、自民党の長谷川岳、諸派の森山佳則、国民民主党の臼木秀剛の8氏だった。

 一方、「どちらかと言えば」を含めて「反対」としたのは、共産党の畠山和也、立憲民主党の徳永エリ、立憲民主党の石川知裕、NHK党の石井良恵の4氏だった。

 相手国のミサイル基地などを…

この記事は有料会員記事です。残り877文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]

連載朝日・東大共同調査(参院選2022)(全30回)

この連載の一覧を見る