• アピタル

病院が異例の花火打ち上げ 「入院中のこどもたちへ」思いついたのは

有料会員記事

渡辺翔太郎
[PR]

 小児がんや難病などで入院し、自由に病棟から出られない。もちろん、外を駆け回ることもできない。そんな子どもたちのため、鳥取大医学部付属病院(鳥取県米子市)が今夏、200発の花火を夜空へ打ち上げる。

 花火のプレゼントを思いついたのは、付属病院の医師、杉原誉明(たかあき)さん(46)。現在、小児病棟には約20人が入院するが、治療で免疫が低下するなど感染リスクが高く、ほとんどの子どもが病院どころか病棟の外に出ることもできない。

 なのに病室の窓の外に広がる風景は、裏の山ぐらい。「ほかの景色が見られたらおもしろいのに」。杉原さんは昨夏、世界の風景が映し出されるモニターを小児病棟に贈った。

 さまざまな風景の中で人気があったのが、夜空に広がる花火だった。地元の夏祭りでも上がるが、病棟から見るのは難しい。

「入院する子どもたちに本物の花火を見せたい」。記事後半では、異例の企画がとんとん拍子に進んでいった様子を紹介します。

 本物の花火を見せてあげられ…

この記事は有料会員記事です。残り743文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら