「コロナに勝利」上海市トップは宣言したが…市民反発「生活苦しい」

有料会員記事

上海=井上亮
[PR]

 中国・上海市トップの李強・市共産党委員会書記が25日、中国共産党の市代表大会で、「新型コロナウイルスとの戦いに打ち勝った」と宣言した。上海では感染者の急増を受け、3月下旬から2カ月にわたるロックダウン都市封鎖)で感染の抑え込みを図った。だが、市民生活や経済への打撃は大きく、正常化は遠い。

 今秋の党大会を前に、各地方で行われる大会の開幕式で、李氏は「深刻なコロナの流行に直面したが、一致団結し、上海防衛戦に打ち勝った」と述べた。また、「コロナ対策に関する党中央の決定は完全に正しく、中国の特色ある社会主義は比類ないほどの制度的優位性があることを深く認識した」などと自賛した。

 市内では、ロックダウンの最…

この記事は有料会員記事です。残り406文字有料会員になると続きをお読みいただけます。