太平洋高気圧、吹き込む南風…各地で6月の最高気温 暑さは続く予想

吉沢英将
写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

 太平洋高気圧が列島付近まで張り出した影響で、25日は関東甲信を中心に記録的な猛暑となった。群馬県伊勢崎市で40・2度を観測。6月の気温としては、2011年に埼玉県熊谷市で観測した39・8度を上回って国内最高を更新し、初めて40度を超えた。

 気象庁によると、東京都心でも35・4度を記録。1875年の統計開始以来、最も早く最高気温が35度以上の猛暑日になった。

 全国914の観測点のうち474地点で、午後5時までに最高気温が30度以上の真夏日になった。このうち関東甲信を中心に64地点で猛暑日になっている。群馬県桐生市39・8度▽栃木県佐野市39・7度▽前橋市39・5度――などと、各観測点での6月の最高気温を相次ぎ更新した。

 同庁によると、日本の南の太平洋高気圧が、この時期としては平年よりも北に張り出しているという。列島付近まで張り出した影響で東日本を中心に晴れて強い日差しを受け、気温が上昇した。とりわけ関東内陸部には暖かい南風が吹き込み、記録的な暑さをもたらしたとみられるという。

 熱中症とみられる患者の搬送も相次いだ。東京消防庁によると、東京都内(稲城市と島嶼(とうしょ)部を除く)では25日午後9時現在、126人が救急搬送され、このうち4人が重症。高齢者が搬送されるケースが目立っているという。茨城県でも午後6時半までに43人、群馬県でも午後3時までに26人が救急搬送された。横浜、川崎、相模原市で計18人、埼玉県熊谷市でも3人が救急搬送されたという。

 三重県鳥羽市では90代男性が路上で倒れ、搬送後に死亡が確認された。熱中症が死因とみられるという。

 この暑さは26日以降も続く見通し。気象庁は関東甲信と東北に「高温に関する情報」を発表し、熱中症への注意を呼びかけている。25日午後5時に同庁が発表した26日の予想最高気温は、前橋市、埼玉県熊谷市37度▽甲府市36度▽水戸市宇都宮市福島市富山市35度▽東京都心34度――などとしている。(吉沢英将)