「国の監督強化を」観光船の安全対策、カズワン乗船者の家族が提案

有料会員記事

磯部征紀
[PR]

 北海道・知床半島沖で観光船「KAZUⅠ(カズワン)」が沈没した事故で、国土交通省は25日、有識者検討会で議論している小型観光船の安全対策ルールづくりの検討状況について、乗船者の家族に説明した。家族からは、運航会社に対する国のチェック強化を求める意見や提案が出たといい、7月の中間とりまとめへの反映を検討する。

 オンラインを含め、家族ら25人ほどが参加。航路で圏外となるおそれがある携帯電話の申請を認めた日本小型船舶検査機構に対する監督の徹底を求める声や、過去にどんな事故を起こした会社かウェブですぐにわかるよう工夫を求める意見が出たという。

 運航会社の事業許可取り消し…

この記事は有料会員記事です。残り140文字有料会員になると続きをお読みいただけます。