「おなごに何ができるんだ」 落選した私が政治を続けるわけ

有料会員記事参院選2022

榊原一生
[PR]

 「議会に男ばっかなら、男目線しかなか。おなごの目線は絶対に必要よ」

 かつて炭鉱で栄えた街に近い熊本県北部に位置する玉名市で6月20日、この地を地盤とする元県議の浦田祐三子さん(51)は、支援者の女性(75)にこう話しかけられた。

 浦田さんはいま、「女性の声を再び県政に届かせたい」と、来春の県議選(定数49)に挑むため、あいさつ回りに力を入れる。

 思い起こせば、「おなご」に対する視線は冷ややかだった。

 父は県議会議長などを経て参…

この記事は有料会員記事です。残り1105文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
Think Gender

Think Gender

男女格差が先進7カ国で最下位の日本。生きにくさを感じているのは、女性だけではありません。だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして。ジェンダーについて、一緒に考えませんか。[記事一覧へ]