神奈川・平塚の海岸で高校生が死亡 同級生と泳いでおぼれたか

原晟也
[PR]

 25日午後6時10分ごろ、神奈川県平塚市高浜台の湘南ベルマーレひらつかビーチパークで、「浅瀬で泳いでいた男性がいなくなった」と119番通報があった。神奈川県警や消防、海上保安庁巡視艇やヘリコプターなどで捜索を続け、26日午前7時10分ごろ、約30メートル沖合の海底(水深約1・5メートル)で、県内の私立高校2年の男子生徒(16)が沈んでいるのを発見。死亡が確認された。

 県警平塚署によると、死因は水死だった。男子生徒は25日午後、同級生ら7人で海岸を訪れた。3人で約100メートル沖合にある消波ブロックをめざして泳ぎだしたが、50メートル付近でおぼれて姿が見えなくなったという。2人は自力で岸に戻ったという。当時、現場付近には強風注意報が出ていた。(原晟也)