築地署巡査、居酒屋従業員の現金盗んだ疑いで逮捕 同僚との飲み会中

有料会員記事

中野浩至
[PR]

 同僚との飲み会中に居酒屋の更衣室に忍び込んで現金を盗んだとして、警視庁は26日、築地署の巡査の野口敦史容疑者(27)=東京都目黒区=を窃盗と建造物侵入の疑いで逮捕し、発表した。野口巡査は「置いてあった財布から現金を盗みました」と容疑を認めているという。

 人事1課によると、野口巡査は25日午後3時45分~同4時半ごろ、客として訪れた東京都中野区内の居酒屋の更衣室に侵入し、従業員複数人の荷物から現金計約3万8500円を盗んだ疑いがある。同課は野口巡査がこの約45分間に複数回、無施錠の更衣室に出入りして現金を窃取したとみている。

 午後5時ごろに現金がなくなっているのに従業員が気づき、110番通報。野口巡査が更衣室から出てくるのを見たとの従業員の証言をもとに、駆けつけた中野署員が店に残っていた野口巡査から事情を聴いた。野口巡査は当初は関与を否定したが、捜査で容疑が特定できたという。

 野口巡査は築地署警務課留置…

この記事は有料会員記事です。残り165文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら