北朝鮮で連日の反米集会 朝鮮戦争開戦日に「強対強」の姿勢を誇示?

有料会員記事

ソウル=稲田清英
[PR]

 北朝鮮朝鮮中央通信は26日、朝鮮戦争の開戦から72年となった25日に平壌で米国を批判する集会が開かれ、朝鮮労働党の幹部らが参加したと伝えた。同様の集会は23、24日にも開かれたと報じられており、米国への対決姿勢を強調する狙いとみられる。

 韓国政府の関係者によると、朝鮮戦争が開戦した6月25日に合わせた反米集会は、米国と対話路線に転じた2018年以降は伝えられてこなかったという。

 今年に入って北朝鮮が核・ミ…

この記事は有料会員記事です。残り400文字有料会員になると続きをお読みいただけます。