東京都心で2日連続猛暑日 6月は観測史上初

有料会員記事

[PR]

 張り出した太平洋高気圧の影響で、26日も東日本や九州を中心に記録的な暑さとなった。気象庁によると、午後3時時点で、全国914の観測地点のうち29地点で35度以上となり、このうち東京都内の3地点(千代田区練馬区青梅市)では観測開始以降初めて、6月に2日連続で猛暑日を記録した。27日以降も続くとみられる猛暑に備え、政府は電力需給逼迫(ひっぱく)注意報を発令して節電を呼びかけた。

 気象庁によると、千代田区では午後0時15分に36・2度を観測し、6月としては2005年に記録した過去最高を更新。ほかにも練馬区で36・4度となるなど、都内5地点で35度以上の猛暑日となった。また、茨城県土浦市(36度)、千葉県鴨川市(35・2度)、東京都大田区(34・7度)など東日本や九州の18地点で6月の最高気温を更新した。30度以上の真夏日も491地点に上った。

 27日も都内で最高気温が35度と予想されるなど、1週間程度は各地で35度前後の猛暑となる見通し。

 東京消防庁によると、都内(…

この記事は有料会員記事です。残り189文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら