先頭打者ランニングホームラン 室蘭青翔の佐藤選手、流れ呼び込む

佐々木洋輔
[PR]

 26日、高校野球南北海道大会室蘭地区Bブロック1回戦、室蘭東翔12―0室蘭工(五回コールド)

 一回表室蘭東翔、先頭打者の佐藤力哉選手(2年)がランニングホームランを放った。「初戦でみんな緊張していたので、何が何でも出塁したかった。最高の結果になった」と喜んだ。

 カウント3ボール、読みどおり直球が来た。左中間を深々と破った打球を見るや、腕を思い切り回す三塁コーチャーの前を走り抜け、一気に本塁を踏んだ。

 これまで試合中に気持ちの浮き沈みが出てしまったり、3年生とも強い言葉でぶつかったり。勝ちたい気持ちが空回りし、「チームに迷惑をかけたこともあった」。春季大会は初戦敗退。「夏こそ1勝」と臨んだ初戦だった。

 初回の一振りを「いい流れを呼び込めた」と振り返った佐藤選手の気持ちは、すでに次戦に向いていた。(佐々木洋輔)