• アピタル

元甲子園球児の整形外科医がメディカルサポート 山梨大会で今夏導入

有料会員記事

佐藤靖
[PR]

 7月9日に開幕する第104回全国高校野球選手権山梨大会で準々決勝から、メディカルサポートが導入される。投手を中心に炎天下でプレーする高校生の「スポーツ障害の防止」につなげるのがねらいだ。担当する整形外科が専門の中沢良太医師(39)は元甲子園球児。自らの経験も生かしてサポートにあたる。

 中沢さんは山梨市出身。同市の中学を卒業後、桐蔭学園(神奈川)に進学。2年生だった1999年夏に二塁手のレギュラーで甲子園に出場し、8強に進出した。3年時は主将としてチームを率いたが、夏の神奈川大会5回戦で東海大相模に敗れた。

 大学に進学して、さらにレベルの高い野球に取り組むつもりだったが、父親が医師であることを知っていた当時の監督の強い勧めで方針転換。猛勉強の末、日大医学部に合格。その後、東大整形外科の医局に進んだ。

 これまで、神奈川大会や日本代表U―15のメディカルサポートスタッフを経験してきた。現在、笛吹市の山梨リハビリテーション病院のスポーツリハビリセンター長を務め、多くの若者の患者を診ている。

 メディカルサポートは、球数制限のある投手の疲労や体のケアなどに対応するため実施する。勝利チームの投手からの相談などにも応じる予定だ。

 大会を前に、中沢さんが気に…

この記事は有料会員記事です。残り377文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら