バイデン氏、対ロシア長期戦へ「結束」強調 独首相との会談で

有料会員記事ウクライナ情勢

エルマウ近郊=高野遼
[PR]

 バイデン米大統領は26日、ドイツ南部エルマウで開かれる主要7カ国首脳会議(G7サミット)を前に、ショルツ独首相と会談した。ウクライナ侵攻を続けるロシアに対し、各国が今後も「結束し続ける必要がある」と訴え、長期戦に向けて連帯の必要性を強調した。

 会談の冒頭、バイデン氏は「プーチン大統領は当初から、北大西洋条約機構(NATO)やG7が分裂することを期待していた。だが我々は分裂しなかったし、今後もそうはならない」と決意を示した。

 ショルツ氏も、これまでの対応について「我々は団結に成功した。プーチン氏が決して予想していなかったことだ」と述べた。

 米ホワイトハウスによると…

この記事は有料会員記事です。残り268文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら