増えるミサイル攻撃「ロシアの実験場のよう」 G7初日も各地に

有料会員記事ウクライナ情勢

リビウ=福山亜希、エルマウ近郊=高野遼
[PR]

 ロシア軍は26日、ウクライナ各地をミサイルで攻撃した。首都キーウ(キエフ)中心部もミサイルの攻撃を受け、1人が死亡した。同日からドイツで始まった主要7カ国首脳会議(G7サミット)に出席しているバイデン米大統領は記者団に対し、「彼らの野蛮さを示すものだ」とロシアを批判した。

 キーウへのミサイル攻撃は、26日早朝に複数回にわたり、中心部では集合住宅が壊された。ウクライナのゲラシチェンコ内相顧問は同日、少なくとも男性1人が死亡したと地元メディアに語った。中部チェルカーシ州のタブレツィ知事も同日、州都チェルカーシ近くのインフラ施設がミサイルで攻撃されたとSNSで明らかにした。1人が死亡し、5人が負傷したという。

 ウクライナの国営通信ウクル…

この記事は有料会員記事です。残り547文字有料会員になると続きをお読みいただけます。