第1回家族と断腸の別れ、手放した仕事 なぜそこまでして香港を離れるのか

有料会員記事

香港=奥寺淳
[PR]

 夜の香港国際空港。ロンドン行きフライトの出発時間が近づく午後10時ごろになると、1年あまり前から毎日、見られるようになった光景がある。

 すすり泣き、抱きしめ合い、出発ゲートの奥に姿が見えなくなるまで手を振り続ける姿――。

 どこの空港でもみられる、普通の別れではない。生まれ育った香港に失望し、断腸の思いで移民する人たちだ。

【連載】破られた「50年不変」 香港返還25年

香港が英国から中国に返還されて、7月1日で25年。高度な自治は「50年不変」とした中国共産党の約束は、折り返しを待たず破られました。人々はどう感じ、どう生きていくのでしょうか。現地から報告します。

 「香港はあまりに変わってしまった」。6月中旬、香港人の新婚夫婦(いずれも31歳)も、両親や友人ら約20人との別れを惜しみながら、出発ゲートへ向かった。

 「将来に子供を産んで、育て…

この記事は有料会員記事です。残り3571文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    小熊英二
    (歴史社会学者)
    2022年6月30日22時53分 投稿
    【視点】

    2014年の「雨傘運動」の時に訪ねた香港では、「移民という選択は取れない。闘うしかない」という声を聞いた。 いわく、「97年の返還の後は移民した人が多かったが、移住先での定着に苦労が多く、戻ってきた人も多かった。いま香港で若い人が民主

  • commentatorHeader
    坂尻信義
    (朝日新聞編集委員=国際政治)
    2022年6月30日17時8分 投稿
    【視点】

    1997年7月1日に中国に返還される前の香港は、英国の植民地でした。ただ、「植民地」という言葉が醸し出すイメージと当時の香港は、かなり違っていたと記憶しています。香港のトップには英国から派遣された総督がいて、民主的な選挙はありませんでしたが