工業用水の受水制限を緩和 明治用水の大規模漏水問題で 愛知

有料会員記事

[PR]

 愛知県豊田市の取水施設「明治用水頭首工(とうしゅこう)」で大規模な漏水が発生した問題で、愛知県の大村秀章知事は27日、131事業者に依頼していた工業用水の受水制限について、使用量を通常の50%から75%に緩和すると発表した。緩和は同日正午から始まった。

 大村氏はこの日の記者会見で、「(農業用水の給水が)順調に来ているということなので、工業用水も受水の緩和をしたい」と述べた。25、26の両日は平均で毎秒13立方メートル超の取水ができているという。

 7月下旬には漏水箇所の周辺…

この記事は有料会員記事です。残り94文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら