午後4~5時に電力逼迫の懸念 東京都、都民や事業者に節電呼びかけ

有料会員記事

笠原真
[PR]

 政府が東京電力管内を対象に「電力需給逼迫(ひっぱく)注意報」を出したことを受け、東京都は27日午前、危機管理対策会議を開いた。特に同日午後4~5時の逼迫度合いが高いとして、都民や事業者にエアコンや照明の節電などを呼び掛けた。

 資源エネルギー庁の資料によると、都内の電力需要に対する供給余力を示す「予備率」の見通しは、27日午後4時~4時半で4・7%、午後4時半~5時で3・7%。安定供給に最低限必要な3・0%を辛うじて上回る水準となる。

 都は都民に対し、冷房を28…

この記事は有料会員記事です。残り308文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら