ツイッター、長文の投稿も可能に 米国で試験運用 日本は導入未定

サンフランシスコ=五十嵐大介
[PR]

 米ツイッターは、長文を投稿できる機能「ノート」の試験運用を始めた。従来は半角で280文字(日本語は140文字)の制限があったが、この機能を使えばより長い文章が投稿できる。米国などで試験運用を始めるが、日本での導入は未定。

 同社によると、新しい機能では写真や動画も文章に合わせて投稿できるほか、投稿後に文章を編集できるという。ツイッターは今後2カ月間、米国や英国、カナダガーナでライターによる試験運用を実施し、利用者を順次増やしていくとしている。

 ツイッターは新機能の目的について、短いツイートから長文の投稿へ移行していくためではなく、「クリエーターがより多くのことを行えるようにするため」と説明している。(サンフランシスコ=五十嵐大介