助っ人4人集め、念願の単独出場 札幌東豊の喜多村卓哉主将

石垣明真
[PR]

 27日、高校野球南北海道大会札幌地区Bブロック1回戦、札幌東豊0―9江別

 今夏も各地区で連合チームの奮闘が輝いている。でも、全員そろいのユニホームで躍動したい――。それは球児たちの願いだ。

 登録選手11人。春季地区大会まで連合チームだった札幌東豊は単独出場を果たした。エースの喜多村卓哉主将(3年)はチームでただ一人、1年生からの部員だ。2年の夏に同級生1人が入部するまで、同期はいなかった。主将になってからも部員不足に悩んだ。昨秋、今春の地区大会は連合チームで出場した。

 練習メニューをつくり、グラウンド内での動き方から準備や片付けに至るまで、自分でも動きながら下級生に懇切に教えた。松井利慎監督は「すばらしいキャプテンシー(統率力)。この1年の監督は、僕じゃなくて、喜多村です」と評する。

 今大会前、部員は7人。部活が終わったバレー部員、アルバイトに精を出すが中学で野球をしていた生徒らを誘い、4人の助っ人が集まった。「最後の夏は『札幌東豊』として出場したい」の一念だった。

 念願の単独出場の初戦。先発の喜多村主将は序盤で制球が定まらなかった。「置きに行った甘いボールを打たれた」。六回、死球を利き手の右手首に受け、マウンドを降りざるをえなかった。試合後、「悔いが残ります」と涙ながらに話した。

 自動車整備士を目指して専門学校に進むつもりだ。「何らかの形で野球を続けていきたい」(石垣明真)