• アピタル

HPVワクチンの積極的勧奨が再開  そもそも「子宮頸がん」とは

聞き手・後藤一也
[PR]

 子宮頸(けい)がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を防ぐHPVワクチンについて、今年4月、約9年ぶりに国の積極的勧奨が再開されました。また、この期間に接種する機会を逃した女性も、原則無料で接種できる「キャッチアップ制度」も始まっています。国内でHPVワクチンの効果について研究を続ける、さやかウィメンズヘルスクリニック広尾の池田さやか院長に、HPVワクチンについて聞きました。

亡くなる人増加傾向に

 ――子宮頸がんについて教えてください。

 子宮は、「子宮頸部」と「子宮体部」にわけられます。子宮の入り口の子宮頸部とよばれる部分から発生するのが、子宮頸がんです。

 年間約1万1千人の女性が子宮頸がんを発症し、約2900人の女性が子宮頸がんで亡くなっています。近年、子宮頸がんと診断される方も、亡くなられる方も増加傾向にあります。

 ごく初期に見つかった場合は、頸部の入り口の一部を円錐状(えんすいじょう)に切り取る手術がありますが、早産になるリスクがあります。

 また、少し進行した状態で見つかると、子宮をすべて摘出しなければならないこともあります。

 とくに、子宮頸がんと診断される方は若年化していて、子宮頸がんの発症ピークと、出産される方が増える年代が重なってきている現状があります。

 ――HPVワクチンとは。

 子宮頸がんのほとんどは、HPVというウイルス感染が原因であることがわかっています。HPVは、性交渉により感染します。

 HPVは、男性にも女性にも感染するありふれたウイルスであり、子宮頸がんのほか、中咽頭(いんとう)がんなどの原因にもなります。

 性活動を行う女性の80%以上が50歳までに一度はHPVに感染すると言われていますが、HPVに感染しても、90%の人は免疫の力でウイルスが自然に排除されます。

 しかし、10%の人では、HPV感染が長期間にわたって持続し、「異形成」という状態になります。さらに、その一部の人では年単位の経過を経て、子宮頸がんに進行します。

 この子宮頸がんの原因である、HPVの感染を予防するのが、HPVワクチンです。

 定期接種の対象は小学6年~高校1年相当の女子で、標準的には、中学1年の間に半年かけて3回接種します。

ワクチンの効果や安全性は?

 定期接種では二つのワクチンが公費接種の対象となります。2種類のHPVの感染を防ぐワクチン(商品名:サーバリックス)と、4種類のHPVの感染を防ぐワクチン(商品名:ガーダシル)です。

 ――HPVワクチンの効果を教えてください。

 ワクチンの効果を示す様々なデータが、国内外で報告されています。

 日本でも定期接種で認められているHPVワクチンを使ったスウェーデンの大規模な調査では、16歳までに接種した人は、接種していない人に比べて、子宮頸がんの発生率が約88%低かったと報告されています。

 初めての性交渉の前に接種することが望ましいですが、性交渉の経験がある場合でも、ワクチンで予防できる型のウイルスすべてに感染している状態でなければ、その予防効果がなくなってしまうわけではありません。

 ――ワクチンの安全性はどう考えられていますか。

 HPVワクチン接種により、注射部位の一時的な痛みや腫れなどの局所症状が生じることがあります。

 また、失神などの迷走神経反射を起こした事例が報告されています。これは接種直後30分ほど安静にすることで対応が可能です。

 厚生労働省研究班の全国疫学調査で、HPVワクチンを接種したことがない人でも、HPVワクチンを接種した人で報告されている症状と同様の「多様な症状」を呈する人が一定数いることが報告されています。

接種機会逃した女性も、公費で接種できる

 手足の痛みやだるさ、集中力の低下などの「多様な症状」が、HPVワクチン接種後の特有の症状ではないことが示されました。

 ――キャッチアップ接種について教えてください。

 HPVワクチンの接種を国が個別にお勧めする「積極的勧奨」が差し控えられていた2013年から21年の間に、定期接種の対象だったのに公費による接種機会を逃した女性に対し、公平な接種機会を確保する目的で始まりました。

 キャッチアップ接種の対象者は、誕生日が1997年4月2日~2006年4月1日で、過去にHPVワクチンの接種を合計3回受けていない女性です。今年4月から3年間、公費接種の対象になります。

 ――初回の接種が20歳であっても、ワクチンの効果はありますか。

 対象者に含まれる人は、キャッチアップ接種を検討いただくことをお勧めします。

 HPVワクチンは、16~17歳までに接種するのが最も効果が高いと言われています。

 ただ、米国などの研究などによると、20歳ごろの初回接種まではある程度有効性が保たれることや、それ以上の年齢であっても、一定の有効性があることが示されています。

 なお、過去に接種したワクチンの情報(ワクチンの種類や接種回数など)については、母子健康手帳や予防接種済証などでご確認ください。

 ――現在、新型コロナワクチンの接種も進んでいます。注意点はありますか。

 原則として、新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは、同時に接種はできません。

 そのため、互いに、片方のワクチンを受けてから、2週間後以降に接種を受けるようにしてください。

 ――かかりつけの医療機関がない場合、どこで接種したらいいですか。

 基本的には、住民票のある自治体の指定医療機関で接種いただくことになります。住民票のある自治体の指定医療機関一覧を自治体のウェブサイトなどでご確認いただき、参考にしてください。

 東京都23区に住民登録のある人は、23区内の指定医療機関であればどこでも接種していただけます。

 なお、予防接種予診票に記載されている有効期限を超えての接種、指定医療機関以外での接種、必要回数を超えての接種、自治体の予防接種予診票を使用しないで接種した場合などは、有料となる場合があります。

 9種類のHPV型を防ぐワクチンもありますが、まだ定期接種の対象となっていないため、自費での接種となります。

 何か不明なことがあれば、住民登録のある自治体にお問い合わせください。

 また、キャッチアップ接種対象者の中で、すでにHPVワクチンを自費で受けた人については、接種費用の助成がありますので、あわせてご確認ください。(聞き手・後藤一也)