「電力需給逼迫注意報」は28日も継続へ 予備率が5%下回る見通し

岩沢志気
[PR]

 政府は27日、東京電力管内に出している「電力需給逼迫(ひっぱく)注意報」について、28日も継続すると発表した。6月としては異例の猛暑が続いており、電力供給の余裕を示す「予備率」が5%を下回る見通しのためだ。

 予備率は、安定供給のために3%が最低限必要とされる。前日午後4時段階で5%を下回りそうな場合は「注意報」を、3%を下回りそうな場合、政府は「警報」を出す。

 注意報は5月に政府が新設し、今月26日に初めて出した。28日も、27日夕の段階で午後4~5時は予備率が5%を下回ると見通されており、注意報の継続を決めた。政府は、熱中症に注意してエアコンは使いつつ、不要な照明を消すなどの節電を呼びかけている。(岩沢志気)