国税職員を再逮捕 DV被害とされる妻に「息の根止める」と脅迫か

比嘉展玖
[PR]

 入院中の妻を「殺してやる」などと脅したとして、警視庁は27日、東京国税局の税務相談官、武藤静城容疑者(59)=別の傷害罪で起訴=を脅迫の疑いで再逮捕した。「今は話すことは致しません」と黙秘しているという。妻は当時、自宅で武藤容疑者に蹴られて肋骨(ろっこつ)を骨折するなどの重傷を負ったとして入院していた。

 小金井署によると、武藤容疑者は5月12日、50代の妻に2回電話し、計約1時間半にわたって「殺してやろうか」「息の根を止めてやろうか」「心臓にナイフを突き刺してやる」「俺は死んでもお前を恨み、恨み殺してやるからな」などと脅した疑いがある。妻が電話のやりとりを録音していたという。

 武藤容疑者は妻との面会を希望していたが、家庭内暴力(DV)の疑いがあるとして、病院側に断られていた。武藤容疑者は入院のきっかけになったとされる傷害事件などでこれまで2回逮捕、起訴されており、今回の逮捕は3回目。(比嘉展玖)