「気持ちいいから」描く、コンパスのように重ねる円 國久真有の呼吸

有料会員記事

田中ゑれ奈
[PR]

 自身の腕をコンパスのように伸ばし、「遠心力」をいかして円を重ねる。兵庫県西脇市岡之山美術館で個展を開催中の画家・國久真有(くにひさまゆ)が描き続ける理由は「気持ちいいし、楽しいから」。でも、以前は「なんで皆が絵を描くのかわからなかった」という。

 高校でインテリアデザインを専攻した後、ファッションデザインを学ぼうとロンドンに留学。現地でギャラリーや美術館を見て回るうち、アートに関心が移った。帰国して入学した神戸芸術工科大学では、立体作品やインスタレーションを作るつもりだった。

 大学では絵画の課題もあったが「わからないから、描きたいものがなかった」。とりあえず床にベニヤ板を置いて絵の具をぶちまけ、お好み焼きを作る要領で混ぜてみると、かつてない興奮を覚えた。「もしかして皆、この快楽があるから描いてるのか」。しばらく食事もせず、発熱を冷却シートで抑えながら、ひたすらその衝動を追った。

 それから「何を描くか」の試…

この記事は有料会員記事です。残り895文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら