帯広農の佐々木康太選手、本盗でサヨナラコールド決める

中沢滋人
[PR]

 27日、高校野球北北海道大会十勝地区Bブロック2回戦、帯広農10―0帯広南商(五回コールド)

 五回裏2死三塁、帯広農の代走、佐々木康太選手(2年)が鮮やかな本盗を決め、サヨナラでコールド勝ちを決めた。

 先頭打者が出塁した後、西川雄太郎監督に指名された。チーム一の俊足で、「代走のスペシャリスト」的存在。普段からノーサインで盗塁してもいい、と言われているほど信頼されている。

 相手投手の足を高く上げる投球動作を見て、「いける」。頭から本塁に滑り込んだ。「練習でしかやってなかったけど、プロなどの動画を見て研究して、ずっと狙っていた。成功できてよかった」(中沢滋人)