• アピタル

iPS細胞に「匠の技」を ロボットとAIだけで分化の最適条件実現

有料会員記事

矢田文
[PR]

 理化学研究所などのチームは、iPS細胞から目的の細胞を作る際に最適な培養条件を、ロボットと人工知能(AI)だけで自動的に発見する技術を開発し、27日、発表した。再生医療に使う細胞の効率的な生産だけでなく、煩雑な作業をロボットに任せることで生命科学研究の加速につながることが期待される。

 体の様々な細胞になれるiPS細胞を、治療などに使う際は、人の手で目的の組織や臓器の細胞に分化誘導させる必要がある。ただ、わずかな操作の違いが品質に大きな影響を与える。安定した品質の細胞を生み出せる「匠(たくみ)の技」は多くの人に伝えることが難しいという課題があった。

 チームは、バイオ実験用のヒト型ロボットとAIを組み合わせて、この課題に挑戦。iPS細胞を、光を感じる視細胞に栄養を送る「網膜色素上皮細胞」に分化誘導させる最適条件を、人の手を借りずに探すことに取り組ませた。

 ロボットには、従来の人の手…

この記事は有料会員記事です。残り208文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら