「鎌倉殿の13人」効果、LINEでも 北条義時の生誕地がスタンプ

南島信也
[PR]

 NHKの大河ドラマ鎌倉殿の13人」の序盤の舞台となり、北条義時(江間小四郎)生誕の地として知られる静岡県伊豆の国市が、公式LINEスタンプ「いずのくにの小四郎(義時)」をリリースした。

 伊豆の豪族に生まれ、鎌倉殿の右腕として幕府を支えた小四郎をモチーフに、プロのイラストレーターが無償でデザインした。スタンプは全部で32種類ある。「身にあまるしあわせ」「しばし待たれよ」「おっしゃるとおりで」といった武士ならではのユニークなセリフやポーズが充実し、日常生活でも使えるものとなっている。

 市協働まちづくり課によると、年配者から「子どもや孫に教えてもらったLINEが使いやすい」という声が寄せられたのがきっかけだったという。担当者は「幅広い年齢層に市をPRできる」と話している。LINE内のスタンプショップで120円(税込み)で購入できる。

 市が今年1月にオープンした大河ドラマ館は観光客の人気を集め、来場者は約9万人となり、目標としていた年間10万人を開館半年で上回ることが確実となっている。(南島信也)