パンを残す1歳児 理由に気づいた母は「子育て」が毎日楽しくなった

有料会員記事

若松真平
[PR]

 都内在住の主婦・まちまたさん(31)は、1歳2カ月の息子を育てている。

 息子の体重が思うように増えず、離乳食作りには四苦八苦。

 パンがゆに始まり、フレンチトースト、パンにたまごボーロを混ぜたものなど、いろいろ試した。

 パンがベースの料理が多かったのは、朝はパン食にしたかったからだった。

 保育園が決まったら働きに出たい。でも、朝はきっと忙しくて、ご飯を準備する時間は限られる、と思っていた。

    ◇

 今年の4月、1歳を過ぎたのを機にロールパンを与えたら、息子はえらく気に入ってくれた。

 特に、コストコで売っている36個入りの「ディナーロール」がお気に入りに。

 ところが、2週間ほど経つと、食べかけをこっちに差し出すようになった。

 怒っている顔でもないし、イヤそうなわけでもない。口を横一文字にして、眉毛を少し下げている。

 「満腹かな、それとも飽きちゃったのかな?」と思いながら受け取ってテーブルの隅に置く。

 すると時々、横目でチラチラとそれを見ていた。

 そんな日々が2カ月ほど続いた6月中旬。

 捨てるのはもったいないと思って、渡されたパンをパクッと食べた。

 「ほら、こんなにおいしいのにもったいないよ」

 そんなつもりの行動に予想外の反応が返ってきた。

 息子の顔がパッと明るくなっ…

この記事は有料会員記事です。残り1084文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    田中俊之
    (社会学・男性学研究者)
    2022年7月1日11時33分 投稿
    【視点】

    育児は親が子どもを支えていると思いがちですが、逆に、子どもによって親が支えられていることもあります。現代の日本で子どもを育てることは簡単ではありません。しかし、子どもの成長を目の当たりにし、報われる瞬間があることを改めて教えられる記事でした