NATO即応部隊30万人超に増強へ 「ロシアは最大で直接の脅威」

ウクライナ情勢

マドリード=青田秀樹
[PR]

 北大西洋条約機構(NATO)は27日、ロシアの脅威にそなえるため、NATOの即応部隊を30万人超に増強する考えを表明した。即応部隊は現在4万人で構成し、そのうち高機動部隊が2万人を数えるが、これを何倍もの規模に拡大する。28日夕からマドリードで開く首脳会議で決定するという。

 ストルテンベルグ事務総長が記者会見で明らかにした。今回のNATO首脳会議は中長期的な態勢の見直しが大きな課題の一つだ。ウクライナに軍事侵攻したロシアを「最大で直接的な脅威だ」と位置づけ、防衛力を強化してロシアの軍事行動の抑止につなげる。

 NATOの即応部隊のうち高機動部隊は、ロシアが2014年にクリミア半島を一方的に併合した事態を踏まえて設けられ、数日間で展開できる態勢をとっている。今回のウクライナ侵攻では初めて実際の任務についた。(マドリード=青田秀樹)