「ウクライナと共にある」 G7が支援の声明を発表、対ロ制裁強化へ

有料会員記事ウクライナ情勢

エルマウ近郊=高野遼、池尻和生
[PR]

 ドイツ南部エルマウで開かれている主要7カ国首脳会議(G7サミット)は27日、ウクライナ支援についての声明を発表し、ロシア軍に撤退を求めるとともに、対ロ制裁を強化する方針を打ち出した。声明は「必要な限りウクライナと共にある」と明記し、改めて支援継続の姿勢を強調した。

 声明は「ロシアに対する経済的措置をさらに強化する」と表明。各国がロシアからの輸入品にかける関税で得られた資金を、ウクライナ支援に活用することを目指す方針を示した。

 ロシアによるウクライナでの戦争犯罪や穀物の収奪などに関わった人物に対して制裁を科すことも表明。さらに、ロシアの軍事産業や技術分野を標的とした制裁も強化するとした。

 声明はロシアによる侵攻を「…

この記事は有料会員記事です。残り901文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら