明石市長のツイート「秘密漏洩の疑い」 百条委、企業の納税額公開で

有料記事

天野剛志
[PR]

 明石市の泉房穂市長が、ツイッターで企業名を挙げて法人市民税額を勝手に公開した問題で、市議会の調査特別委員会(百条委員会)は27日、「地方税法に定められた秘密漏洩(ろうえい)に当たる疑いが強い」との報告書をまとめ、全会一致で可決した。30日の本会議に提出するという。

 報告書では、市長がツイートした税情報は、厳しい守秘義務が課せられた地方税法22条の「秘密」に該当することは明らかだと判断。市長側の「ツイートは市民の知る権利に寄与し、公益性があり違反でない」などとする主張についても、「市民に伝える必要性が明確でなく、論拠があいまい」などと指摘。「22条に抵触するのではとの疑義を否定すべき積極的な理由は見当たらなかった」と結論づけた。

 報告書は、市幹部職員が市長…

この記事は有料記事です。残り198文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!