「帰っていいよ」と言われたあの頃 「女性初」捜査1課班長はいま

有料記事

[PR]

 門戸を開いてより優秀な人材に来てもらおうと、大阪府警は今夏、全国で初めて、女性警察官の採用で「共同試験」を実施する。地方の警察本部の試験を受けながら、都市部の警察を併願できる仕組み。広島県警の協力を得て、7月1日に受け付けを始める。

 大阪府警採用センター長の三谷千秋警視(57)は、捜査1課の班長など、府警内で「女性初」のキャリアを重ねてきた。女性警察官採用での導入を「大きな一歩」と話す。

 三谷さんが大阪府警の警察官になったのは1990年。その前に2年間、金融機関に勤めていた。「バブルがはじける直前で花形の職場。ただ今のように女性が働く時代ではなく、結婚や出産を機に先輩がどんどん辞めていくのを見た」

 自分は働き続けたいという思いを持ち、育休などの制度が充実している公務員を意識した。学生時代は少林寺拳法に打ち込み、体力に自信があった。「警察官になろうかなと。何かを守りたい、という崇高な思いまではなかったんです」

 警察学校で厳しさが身にしみた。分刻みで行動が決められ、追いつくのに精いっぱい。転職しただけに「後戻りはできない」との思いで必死だったという。

 最初の配属先は当時、男性は地域課(交番)、女性は交通課。三谷さんも交通だった。拳銃の貸与は男性のみ。大阪府警で女性も交番に配属されて拳銃を持つようになるのはこの4年後で、全ての女性警察官への貸与は更に4年後の98年だった。

 三谷さんの希望は刑事になることだったが、まずは交通の仕事を覚えることから。署の刑事課に顔を見せたり、刑事の先輩に「どんな勉強をしたらいいか」と尋ねたりし、帰宅後に書類の書き方などを練習した。

 2年後、詐欺や汚職事件などを担当する捜査2課に配属され、念願の刑事になった。課に女性警察官は自分だけ。周囲の男性は女性と働いた経験も少なかった。残業があっても「今日は帰っていいよ」と言われる。「よかれと思ってのことでしょうが、『同じ警察官です』と思った。仕事で覚えなければならないこともあるし、同じように扱ってほしいな、というのはあった」

 女性の働く場は広がった。9…

この記事は有料記事です。残り634文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!