第10回沖縄の18歳店員 投票に行けるのはいい、現状を変える行為だから

有料会員記事参院選2022

川村直子
[PR]

 沖縄県南城市の石垣優希さん(18)はこの春高校を卒業し、地元で就職した。

10代の新成人

18歳からは大人である。民法改正で、4月からそうなった。職を得て社会に踏み出した若者たちは何を思うのか。7月10日の投開票日に向け、参院選で各候補者が支持を訴えて声をからすいま、10代の新成人の声を聞いた。

 4人兄弟の末っ子で、兄3人は県外へ出ている。自分が親元に残るのは当然と受けとめた。帽子が好きで、就職先にアパレルを探したが、コロナ禍で新規採用はなかった。バイト先だったスーパーの採用試験を受けて正社員になった。

 研修を終えたばかりで売り場…

この記事は有料会員記事です。残り516文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]