• アピタル

末期がん公表 石巻の長純一医師が記者に語った「託したい思い」

有料会員記事

編集委員・辻外記子
[PR]

 東日本大震災の後、宮城県石巻市に移住し、地域医療に貢献してきた医師の長純一さんが28日、多臓器不全で亡くなった。56歳だった。

 今月21日、末期の膵臓(すいぞう)がんを患っていると公表していた。

 「石巻がこの先、光り輝く町として復興する姿をみられないのは残念。少しでも思いを引き継いでもらえれば」

 伝えたいことを整理する中、容体が急変した。

 長野県佐久総合病院に勤めていた長さんは2011年、長野県が派遣した医療団の団長として、石巻市を訪れた。

 5千人近い被災者が暮らす仮設住宅に付属の医療施設がないと知り、12年に仮診療所の所長に就いた。その後、市包括ケアセンター所長を務め、医療や介護が適切に受けられ、高齢者や病気のある人も住み慣れた地域で暮らせる「地域包括ケア」を根付かせようと尽力してきた。

 異変を感じたのは、この春。

 おなかの違和感や便秘がひどくなった。5月下旬、近くの医療機関で診てもらうと、腹水がたまっていた。

 6月2日に石巻市立病院でCTを撮ると、6センチもの腫瘍(しゅよう)が膵臓にあった。進行した膵臓がんで、肝臓や腹部リンパ節に転移していた。

記事の後半では、最期の過ごし方や幼い娘への思いもご紹介します。

 「画像を見た瞬間、うすうす…

この記事は有料会員記事です。残り1235文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    辻外記子
    (朝日新聞編集委員=医療、健康)
    2022年6月29日21時3分 投稿
    【視点】

     筆者です。長先生に最初にお会いしてから10年以上がたちます。  6月21日夜の動画配信を知り、姿をみた瞬間、お体に異変があったのだと推察しました。ご家族らに調整いただき、26日午後、石巻のご自宅にうかがいました。  ベッドに横たわり「

  • commentatorHeader
    岡本峰子
    (朝日新聞仙台総局長=多様性と社会)
    2022年6月29日19時43分 投稿
    【視点】

    「非常に大切なお知らせがあります」。 そんな告知がSNSであり、本人がYouTubeに登場して病状を説明し思いを1時間にわたって述べたのは、56歳の誕生日その日の6月21日でした。 やり残したことの整理と発信のために、抗がん剤治療を