女性警察官採用になかった「併願」 大阪府警が今夏、全国初実施へ

有料会員記事

写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

 門戸を開いてより優秀な人材に来てもらおうと、大阪府警は今夏、全国で初めて、女性警察官の採用で「共同試験」を実施する。地方の警察本部の試験を受けながら、都市部の警察を併願できる仕組み。広島県警の協力を得て、7月1日に受け付けを始める。

 大阪府警によると、今回の女性の共同試験の対象は高卒者(見込み含む)。広島県警の1次試験(筆記)を受けながら、大阪府警を志望したり、広島県警と併願できたりする。2次試験(面接など)も試験官が大阪から向かい、広島で受けられる。受験者は地元を離れる必要がなく、交通費や宿泊費の負担を抑えられる。兵庫県警も同様の仕組みを導入するという。

 共同試験は、採用数が多い都市部の警察が地方の協力を得て実施することが多く、警視庁や神奈川県警などが導入している。大阪府警の導入は1970年ごろ。現在は石川や三重、鳥取、宮崎など16の県と協定を結び実施している。21年度は採用した641人のうち、共同試験が42人。ただ対象は半世紀もの間、男性のみだった。

 共同試験が女性で行われてこなかったのは、男性に比べ、女性は都市部でも高倍率が続いてきた背景があるという。一方で近年は、女性の採用割合が拡大。大阪府警の21年度採用では女性は25・4%で、12年度の13・5%の2倍になった。

 警察官は体力勝負というイメ…

この記事は有料会員記事です。残り213文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら