「ちょっぴりの勇気が岩を動かした」過重労働訴え勝訴の原告教諭

有料会員記事

森下裕介
[PR]

 長時間勤務が軽減されずに適応障害を発症した――。大阪府立高校の男性教諭がそう訴え、府に約230万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は28日、校長の安全配慮義務違反によって発症したと認め、請求全額の賠償を府に命じた。

 裁判長から「全面勝訴」を伝えられると、原告の西本武史さん(34)は傍聴席に向かい、笑顔でガッツポーズをした。かつての教え子や高校時代の恩師が傍聴に訪れていた。判決後の記者会見で「応援してくれたみんなに『やったよ』と言いたかった」と語った。

 2019年2月、大阪府を相手に裁判を起こした。過重労働を強いられた職場を辞めず、同じ高校で働き続けながら「雇い主」と裁判で闘った3年超は「しんどかった」と振り返った。

 代理人の松丸正弁護士による…

この記事は有料会員記事です。残り327文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら