クラウド「囲い込み」はダメ 公取委、米ITシェア集中受け規制方針

有料会員記事

女屋泰之
[PR]

 公正取引委員会は28日、ネット上でデータを管理する企業向けクラウドサービスについて、顧客の「囲い込み」をするなど独占禁止法上問題になる行為を明らかにした。クラウドの国内シェアは米巨大IT3社で6~7割を占め、今後さらに集中する可能性が高いと指摘。問題があれば厳しく対処する方針だ。

 アマゾン傘下のアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)、マイクロソフトグーグルの米IT3社は、2011年度に日本でのシェアが5~10%だったのが、急激にシェアを拡大しているという。不適切な取引がないか、公取委として実態を初めて調べた。

 クラウドを使う548社へのアンケートでは、複数のクラウド事業者を使い分ける企業は1~2割にとどまり、多くが1社に依存していた。また料金が5~10%値上がりした場合でも、現在のクラウドの利用を続けると答えた企業が半数以上に上った。

 乗り換えにかかるコストなど…

この記事は有料会員記事です。残り442文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら