高校講師が指サックで避妊具連想させる 県教委「セクハラではない」

有料会員記事

井岡諒
[PR]

 女子生徒に避妊具を連想させる発言をしたとして、兵庫県教委は28日、阪神地区の県立高校の男性臨時講師(64)を戒告処分にし、発表した。今月末で依願退職する意向だという。

 県教委によると、5月下旬、高2の英語の授業中に講師が着けていた指サックを見た女子生徒が「着けてみたい」と言ったのに対し、講師は「まだ早い。こんなんを着ける時にはちゃんとせなあかん」と言った。

 女子生徒が後日、学校側に「…

この記事は有料会員記事です。残り310文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら