コロナ禍に阻まれた元アイドル 「究極にときめく」ものづくりの道へ

[PR]

 幼い頃、祖父母が経営する縫製工場へ遊びに行くと、色とりどりのボタンや糸が輝いて見えた。そこは、宝物がつまった「宝箱」のような場所だった。

 「こういうの、着てみたいな」。少女向けアニメの主人公の衣装などを見て、自分で絵を描き、祖父母に作ってもらうこともあった。

 yutsukiさん(23)は4月から、ミシンや布地がずらりと並ぶ岐阜市の工房で、デザイナーとして活動を始めた。あの日の夢をかなえた。

 「コンセプトは『究極にときめく自分になれる』。着た時に一番かわいいと思ってもらえる服を作っています」

 3月までは、別の夢を追いかけていた。「桃月(ももつき)ゆう」という名のアイドルだった。

 最初にアイドルの夢を描いた…

この記事は有料会員記事です。残り1528文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]