東芝の社外取締役、白ジャケットで残した警告 総会直後に辞任

有料会員記事

筒井竜平
[PR]

 28日にあった東芝の定時株主総会で、社外取締役に再任された綿引万里子氏(元名古屋高裁長官)が、同日中に取締役を辞任した。綿引氏は、「物言う株主」とされる海外投資ファンドの幹部2人を社外取締役に迎えるという経営側の提案に反対意見を表明していた。この日の総会でも「見え方として問題がある」などと持説を貫いた。

 取締役が、自らも一員である経営側の提案に公然と反対するのは異例だ。

 総会では「綿引氏の意見を詳しく聞きたい」という株主からの求めに応じるかたちで、綿引氏に発言の機会が与えられた。

 「多くの株主からみて、今回…

この記事は有料会員記事です。残り452文字有料会員になると続きをお読みいただけます。