来年のG7サミット、広島開催表明 岸田氏「核による脅かしを拒否」

有料会員記事

エルマウ近郊=池尻和生
[PR]

 岸田文雄首相は28日、ドイツでの主要7カ国首脳会議(G7サミット)の終了後に記者会見を行い、次回の広島サミットを来年5月19~21日に開催すると表明した。ウクライナに侵攻するロシアへの制裁強化のほか、インド太平洋地域でも中国を念頭に国際秩序の堅持に向けてG7の連携を進める考えをアピールした。

 首相はG7サミットの議論を振り返り、ウクライナ侵攻などによる物価高について「単なる経済の問題ではなく、世界の平和秩序の枠組みに突きつけられた挑戦だ」と指摘。「国際社会と連携して、この困難を乗り越えていく決意を共有した」と述べた。

 また、ロシアの資金獲得を減…

この記事は有料会員記事です。残り454文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    藤田直央
    (朝日新聞編集委員=政治、外交、憲法)
    2022年6月28日23時33分 投稿
    【視点】

     来年のG7広島サミット(首脳会合)で「核兵器による脅かしも拒否する」と示したいという岸田首相の表明は、踏み込んでいます。  ウクライナへの侵略に言及した上であり、ロシアが今回行ったような、という意味だと思いますが、どこまで一般化でき