「ストライク返球」が間に合わず 札幌東の道仏中堅手

佐々木洋輔
[PR]

 28日、高校野球南北海道大会札幌地区Gブロック1回戦、札幌藻岩7―5札幌東

 六回裏2死一、二塁、札幌藻岩は一打逆転の場面。打球は札幌東の中堅手、道仏朝陽選手(3年)の前に転がった。道仏選手がしっかり踏み込んで右腕を振り抜くと、白球はノーバウンドで捕手のミットに収まり、タッチアウト。スタンドは「おお」と沸いた。

 道仏選手は送球術を磨くだけでなく、試合では走者の足の速さ、打順によって守備位置を変え、備えてきた。「好返球で走者を刺せば、チームが盛り上がり、流れを一気に引き寄せられる」。そう考えるから、外野陣への守備位置の声かけも忘れない。

 左翼を守る小西諒汰主将(3年)は「朝陽はチーム一の強肩。俊足で守備範囲も広く、何度も走者を刺してチームを助けてくれた」と評する。

 七回1死満塁のピンチ。大きな飛球が道仏選手へ。右翼に走りながら捕ると、難しい体勢から捕手に「ストライク返球」。が、間一髪で三塁走者が生還し、勝ち越しを許した。

 試合後、道仏選手は「七回の犠飛を刺せたら、流れを持ってこられたはずだった」と悔やんだ。それでも「やりきれた。楽しかった」と涙はなかった。(佐々木洋輔)