気合のヘッドスライディングで生還 標茶・霧多布の網谷宙夢選手

有料会員記事

武沢昌英
[PR]

 28日、高校野球北北海道大会釧根地区Bブロック1回戦、中標津15―1標茶・霧多布(六回コールド)

 六回裏、14点差を追う標茶・霧多布の攻撃は三者凡退。次打者で標茶の網谷宙夢選手(1年)の初めての夏は終わった。身長156センチとチーム一の小兵のユニホームは、胸から下半身まで赤茶色に汚れていた。

 一回1死から左越え二塁打を…

この記事は有料会員記事です。残り167文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら