苫小牧東の秋田朋哉選手、好投手から2安打 この夏10打数7安打

松本英仁
[PR]

 28日、高校野球南北海道大会室蘭地区Aブロック2回戦、苫小牧中央4―3苫小牧東

 苫小牧東の2番打者、秋田朋哉選手(3年)は、好投手の呼び声が高い苫小牧中央のエース斉藤優汰選手(3年)から2安打を放った。初戦の大谷室蘭戦から二塁打を含む6打席連続安打。この夏は10打数7安打の大当たりだった。

 打撃は不得手という。投球マシンで速球を打ち込んできたからか、試合前は「いい投手と対戦できるとワクワクしていた」。一回の安打は速球を素直にはじき返した。七回の適時打は外角の変化球にバットを合わせ、強豪校相手に一時2点リードを奪った。

 試合後、涙は見せなかった。「相手のすきにつけ込み、一人ひとりが役割を果たせば、強豪私立でも倒せると後輩たちに見せられた」。ただ、複雑な表情も見せた。

 「でも負けたので、悔いは残ります」(松本英仁)