• アピタル

熱中症で83歳男性死亡 愛知・豊橋で畑作業中

[PR]

 愛知県は28日、豊橋市で畑作業をしていた男性(83)が熱中症で死亡したと発表した。県内で消防に搬送された人で熱中症による死者は今年初めて。

 県などによると、同日午後1時すぎ、男性の家族から「(男性が)畑で倒れている」と119番通報があった。救急車が現場に到着したときは心肺停止の状態で、搬送先の病院で死亡が確認された。倒れていた際の体温は41度で、長袖、長ズボン姿で、マスクはつけていなかったという。家族は「ペットボトル2本を持って作業に行った」と話していた。

 名古屋地方気象台によると、豊橋市ではこの日、今年最高となる32・7度を観測していた。