ひ孫世代に届ける白球 「手が十分に動くわけじゃない…それでも」

松尾葉奈
[PR]

 その日の紅白戦には特別なゲストが招かれた。

 5月、広島県福山市の県立神辺(かんなべ)高校のグラウンド。土まみれで駆け回る球児の姿を、高齢の男女6人がベンチから見つめていた。

 「自分のおばあちゃんよりも年上だったのか」。主将の持田恵太朗君(3年)は驚いた。そして、感謝の気持ちを込めて白いボールを握りしめた。

 コロナ禍に振り回された野球部生活。今年も2、3月は十分な練習ができなかった。春の県大会は地区予選で敗退し、チームは自信を失った。

 「チームがまとまらない。プレーにもミスが出る」。持田君は悩んだ。

 そんなとき、谷浦亘監督(32)からこう言われた。「今日からボールは高齢者施設で磨いてもらう」

 3週間後、マネジャーの田辺華穂美さん(3年)はグラウンドで思わず声を上げた。「今まで見たことがないぐらい真っ白!」

 土で汚れた練習球が、新品のようになって返ってきた。

     ◇

 シャッ、シャッ。ボールの縫い目に沿わせてブラシをかける音が響く。

 介護事業所「さかいの家」は神辺高校から車で15分。かごいっぱいのボールに、利用者が一つ一つブラシをかけていく。「きれいになった」。84歳の男性は満足そう。87歳の女性は「球児も一生懸命だから一生懸命磨く」。

 約30人が日替わりで磨き、3週間に1回、白くなった約400個のボールを高校に届ける。

 「誰かの役に立つことが生きがいになってほしい」。きっかけは、職員の土橋めぐみさん(40)のこんな思いだった。

 息子の陽心(みなみ)君(2年)は神辺の野球部員。利用者が球児と交流できる機会をつくれないか。ボール磨きならリハビリにもなる――。谷浦監督から「ぜひお願いします」と返事があった。

     ◇

 「一球一球大切にせなあかんね」。谷浦監督はボールが届くたび部員たちに語りかける。地域から応援されるチームになる、それが目標だ。「支えてくれる人がいると思うことでモチベーションを維持できる」

 練習の雰囲気は変わった。「ナイスボール」「いいよ」。どんどん声が出る。「応援が形になったボールを見ると励みになるんです」。副主将の田中啓太君(3年)はチームが一つになったと感じている。

 「一球一球ミスなくプレーしよう」。主将の持田君の思いはチームに広がり、打撃でも大事に打つ意識が生まれた。

 ボールがつないだ二つの世代。初めて顔を合わせたのが5月の紅白戦だった。

 「いつもありがとうございます」。持田君と田中君はベンチに駆け寄り、一人ひとりに声をかけた。

 「こちらこそ」。ひ孫世代の球児に、優しい言葉と笑顔が返ってきた。

 マネジャーの田辺さんは一緒に観戦しながら気づいた。「手が十分に動くわけじゃない。それでも磨いてくれている」

 バラバラになりかけたチームに変化をもたらした白いボール。夏の1勝をめざし、持田君は力を込める。

 「試合に出ている9人だけがチームじゃない。支えてくれる人たちと一緒に勝ちたい」(松尾葉奈)