片岡仁左衛門さん、体調不良で当面休演 大阪松竹座「七月大歌舞伎」

有料会員記事

向井大輔
[PR]

 松竹は6月28日、歌舞伎俳優で人間国宝片岡仁左衛門さん(78)が、大阪松竹座で7月3日に開幕する「七月大歌舞伎」を休演すると発表した。体調不良のためで、休演は「当面の間」としている。

 仁左衛門さんは、夜の部の「堀川波の鼓」で小倉彦九郎を演じる予定だった。中村勘九郎さん(40)が代演する。勘九郎さんが演じる予定だった宮地源右衛門は中村隼人(はやと)さん(28)が代役をつとめる。

 仁左衛門さんは、今月の東京・歌舞伎座の「六月大歌舞伎」も、頭皮に帯状疱疹(ほうしん)を発症し、舞台用のかつらを着けられなくなったため、休演していた。

 今回の休演について、「体調…

この記事は有料会員記事です。残り166文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら