G7「和平決めるのはウクライナ」 戦争の終わり見すえた共同声明

有料会員記事ウクライナ情勢

高野遼、金成隆一=エルマウ近郊、喜田尚
[PR]

 ドイツ南部エルマウで28日まで3日間開かれた主要7カ国首脳会議(G7サミット)は、ロシアの侵攻を受けるウクライナの将来の和平を決めるのは、ウクライナ自身だと打ち出した。ただ、侵攻が5カ月目に入るなか、停戦や平和を実現するための具体策はまだ見えていない。

 ウクライナ支援に関する6ページのG7共同声明は冒頭、財政や人道、軍事面などでG7は「必要な限り」支援し続けると表明した。

 焦点の軍事支援については「ウクライナの緊急の要求を満たすために調整する努力を続ける」と、やや留保をつけた。各国は、財政事情や供給能力、戦闘をエスカレートさせないかどうかも踏まえ、提供する兵器を判断していくことになりそうだ。

 声明はロシアの金輸出による…

この記事は有料会員記事です。残り1867文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    服部倫卓
    (ロシアNIS経済研究所所長)
    2022年6月29日11時49分 投稿
    【視点】

    「和平決めるのはウクライナ」という文言が少々気になった。もしかしたら、G7側がウクライナを突き放したようなニュアンスなのかと、一瞬疑ってしまったからである。 確認したところ、ウクライナ支援に関するG7声明の、「外部の圧力や影響を受けること