17歳で「子宮を取る」がん告知の夜、ピザ屋で父が言えなかった言葉

有料記事

後藤一也
[PR]

 17歳のひとり娘と、1年前に離婚したばかりの50代の父。ぎこちないながらも、気楽な2人暮らしが回り始めたころだった。

 当時、高校3年生になったばかりの上原あみさん(21)は、受験勉強に本腰を入れつつ、最後の高校生活を楽しんでいた。

 でも一つだけ、気になることがあった。2カ月間も、不正出血が止まらないのだ。

 前にも1カ月近く止まらなかったことはあったが、今回は長すぎる。

 夜用のナプキンを1時間で3枚も替えるぐらい、出血がひどい日もあった。

 5月に入っても、出血は止まらなかった。慶応大学合格をめざし、ゴールデンウィーク中も塾の講習を受けたが、貧血でフラフラだった。

 しかも隠していたのに、父の淳さん(57)にばれてしまった。

 淳さんが洗濯を担当、あみさんは掃除と料理を担当と、家事を分担していた。

 娘の生理用ショーツを1カ月以上干し続けていることを、淳さんはおかしいと思い始めていた。

 レシートと引き換えに買い物代金を渡していたが、ナプキンの購入費が尋常ではないことにも気づいていた。

 「おかしくないか?」

 「不正出血があって、様子を見てる。夏休みになったら病院行くよ」

 「そうか」

 思春期の娘に、淳さんもあまり強く言えなかった。

 出血は止まらなかったが、あみさんはなかなか病院に行かなかった。

 受診をためらった最大の理由は、「内診」だった。まだ性交渉の経験もない。

 「内診はされないよ」という保健室の先生の言葉を信じ、意を決して婦人科クリニックに行った。

「お父さん、ちょっといいですか」

 それなのに、さっそく言われ…

この記事は有料記事です。残り2333文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!