改憲論議「1年や2年以内とスケジュール感共有重要」 自民・茂木氏

有料会員記事参院選2022自民

[PR]

 自民党茂木敏充幹事長は28日、フジテレビの報道番組で、憲法改正について「例えば1年以内、2年以内にやろうということも含めて、主要政党間でスケジュール感を共有することが重要ではないか」と述べた。参院選後に、改憲のスケジュールを設定することも念頭に、議論を加速させたい考えだ。

 茂木氏は「丁寧なプロセスを…

この記事は有料会員記事です。残り142文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]