「マドリードで決着を」動いたバイデン氏 トルコ合意へ導いた電話

有料会員記事ウクライナ情勢

ミュンヘン=高野遼
[PR]

 北欧スウェーデンフィンランド北大西洋条約機構(NATO)加盟が認められる見通しとなった。かたくなに難色を示していたトルコが、一転して合意したためだ。急展開の裏では、バイデン米大統領が自ら事態の打開に乗り出していた。

 匿名を条件に記者会見をした米政府高官によると、舞台裏はこうだったという。

 バイデン氏が動いたのは28日午前。トルコのエルドアン大統領と電話協議に臨んだ。

急きょセットされた電話会談「マドリードで決着を」

 バイデン氏は主要7カ国首脳…

この記事は有料会員記事です。残り1431文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら